過熱水蒸気発生器/アクアスチームヒーター
製品情報

新熱工業の特許取得済み過熱水蒸気発生器(アクアスチームヒーター)

「アクアスチームヒーター」は、100℃で蒸発した飽和⽔蒸気を最⾼500℃まで加熱させる加熱器です。

過熱水蒸気とは

過熱水蒸気は、100℃で蒸発した飽和蒸気をさらに加熱した熱放射性H2Oガスです。加熱、焼成、焙煎、炭化、殺菌、乾燥等の様々な用途で使用でき、食品加工・工業製品への応用など多分野で注目を集めています。

0℃の水に熱を加え100℃以上の過熱水蒸気に変化
過熱水蒸気発生器で500℃の過熱水蒸気が作成可能

過熱水蒸気の特徴

  • 対流・幅射・凝縮の複合伝熱によって熱を伝える事ができるため急速な加熱が可能。
  • 低酸素状態なので酸化が少なく、火災の恐れもない。
  • 約170℃以上の過熱水蒸気であれば熱風よりも乾燥効率が良い。

過熱水蒸気の用途


金属やガラス材料の急速加熱、乾燥処理

樹脂・プラスチック材料の焼成、炭化処理

食品の調理、殺菌

金属部品の洗浄、乾燥

低酸素状態での加熱処理(不活性ガスの代替)

過熱水蒸気は様々な利用が考えられます。応用用途につきましてはお問い合わせください。

→お問い合わせはこちら

アクアスチームヒーターの特徴

  • 高い熱効率
  • コンパクトであるため、使用エリアへの近接設置が可能
  • シンプルな構造。故障しにくい。
  • 本製品を搭載した専用設計装置の製作が可能

蒸気流量-温度特性グラフ

蒸気流量に対する出口温度のグラフ
  • 熱効率95%での計算値を実線にて、試験結果を○にて示します。
  • 試算値は110℃の飽和蒸気を加熱した場合です。
  • 試験結果は、参考値です。容量公差によっては到達しない場合があります。

アクアスチームヒーター(過熱水蒸気発生器)の利用分野

過熱水蒸気は様々な分野で活用されています。

過熱水蒸気が利用される分野例

使用方法例

アクアスチームヒーターの接続例

アクアスチームヒーターを搭載した過熱水蒸気装置については、以下のページをご覧ください。

アクアスチームヒーター標準仕様

熱効率に優れコンパクトで安全な過熱蒸気装置の“アクアスチームヒーター”は 複合伝熱により急速な加熱が可能な為、熱殺菌や乾燥、食品加工にも応用可能です。

アクアスチームヒーター標準仕様図面
型式 電圧 ヒーター容量 L 加熱温度 図面PDF CADデータ
(dxf)
3D CADデータ
(step)
ASH−1.8 200V 1.8kW 425mm 最高500℃ ダウンロード ダウンロード ダウンロード
ASH−2.7 200V 2.7kW ダウンロード ダウンロード ダウンロード
ASH−3.6 200V 3.6kW 578mm ダウンロード ダウンロード ダウンロード
ASH−4.5 200V 4.5kW ダウンロード ダウンロード ダウンロード

アクアスチームヒーター技術資料

温度制御BOX

温度調節器とソリッドステートリレー(SSR)を1つのケースに収めたコンパクトなポータブル温度コントロールです。

アクアスチームヒータと一緒に使用する温度制御BOX
型式 電圧
(V)
電流
(A)
制御方式 図面PDF
TCB-200 AC200(単相) 25A(MAX) PID制御 ダウンロード
(62キロバイト)