製品情報【熱意識(ねついしき) 新熱製品の数々に込められた「お客様へのお役立ちを果たしたい」の総意。】

【シーズヒーター】金属パイプの中央にスパイラル状の発熱体を熱伝導の良い絶縁物(MgO)で高密度に充填したヒーターです。

関連製品

シーズヒーターの特徴

  • 電気的に完全に絶縁されており、直接加熱が可能で安全。
  • 振動、衝撃に強く、発熱線が酸化されないため長寿命。
  • 熱伝達に優れ、耐熱性のパイプ材質にすれば、高温の場所にも使用可能。
  • 曲げ加工が容易で、様々な形状に製作が可能。
    ※最小曲げ半径R=2.5D
  • 量産性に優れ、低価格。
  • 熱電対内装タイプは温度センサーにTC(熱電対)を使用しております。

シーズヒーターとは

シーズヒーターの用途

液晶・半導体製造装置、溶解炉、乾燥炉、
温水器、列車暖房機 など

シーズヒーターの標準仕様

図:シーズヒーターの標準仕様
シース材質 シース長(L) シース仕上外径(φD)
標準サイズ 製作可能サイズ
ステンレス
(SUS304、316L)

標準
200~6,000

製作可能長さ
12,000まで

φ8、φ10、φ12 φ6.5、φ9、φ14、φ16
インコロイ800 φ8、φ10、φ12 φ6.5、φ9、φ14

「シーズヒーター」製品カタログダウンロードはこちら

→PDFファイル(631キロバイト)

ページトップへ

Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.