新熱が選ばれる理由【熱人(ねつびと) 提案力と製品力を支えるのは、熱い想いを持つスタッフによる、人の力。】

多種多様な知識・技術・考え方を武器に、製造現場をバックアップ【生産部 生産技術課】

入社経緯と、担当する業務内容から教えてください。

以前は他県で、金属の圧延(※金属を薄くする工程)の仕事をしていたのですが、地元の茨城に戻ってきてから、偶然、現会長と知り合いになり、ある日突然「会いたいんだ!」と電話をいただき、新熱工業についての話をじっくりしてもらいました。会長は思い立ったらすぐ行動に移す人ですから。会長のヒーターにかける熱意や人柄に惹かれて、入社を決意したんです。業務内容は、設備関係の改善・改良・開発。各種の冶工具の製作も。社内の技術に関する何でも屋だと認識している段階です。

私は別の会社で精密鈑金に関わっていました。いろいろ仕事面で悩んでいた時期に、新熱工業で働いている兄から、仕事や雰囲気のことなどいろいろ聞きまして。魅力的な会社だと感じ、入社させていただきました。私も生産部・生産技術課の人間として、鈴木さんを始め、諸先輩方にいろいろ教えていただきながら、業務に取り組んでいます。まだ部署を移ったばかりですので知識も技術も足りませんので、様々なことを覚えながら、指示いただいたものを一生懸命つくっています。

生産技術の業務で特に意識して臨んでいる点は?

一つのことを見ても、幅広く、多くの面を考えるというのが重要な業務です。型にはまった捉え方だと、どうしても可能性を広げることが難しくなる。電気的な面、機械的な面を始め、ヒーターをつくるには全て理解していないとできない。力学的な面の知識も必要ですし、金属や樹脂など使用する素材によっても加工のアプローチが変わってきます。ケミカルなものであれば化学的な知識も要りますし。それら充分な知識が備わっているうえで、柔軟に考えられなければ、この業務は難しいですね。大変な仕事ではありますが、逆にそこが楽しみにも繋がっています。ルーチンな仕事になりづらい点が「やりがい」と言える部分です。

最後に、心がけている点や目標を教えてください。

新しい製品製造を現場に落とし込む際、製品の品質を上げることだけに特化すると、現場での作業が煩雑になり、難易度が上がってしまいます。やはり製造現場では、なるべく平易につくれるようにしなければいけない。品質とのバランスも鑑みながら、どこまで作業の汎用性を高められるか。判断が難しいところではありますが、製造の仲間達に気持ちよく使ってもらってなんぼなので、生産技術課の自己満足に陥らず、現場が製造しやすいように、ということを第一に心がけています。

生産技術の業務で特に意識して臨んでいる点は?

鈴木さんが仰ったように、様々な知識を持ち合わせていなければ務まらない仕事だとつくづく実感しています。生産技術は答えを自分自身で導き出す仕事。答えへの辿り着き方も人それぞれアプローチが違いますから、自分はどうやって先輩方に近づいていけるか。また、先輩方とは違うアプローチをどうやって見出していけるかが、やりがいだと感じています。

最後に、心がけている点や目標を教えてください。

新熱工業に入社して6年。最初に仕上げ工程、次に溶接の製造を担当させていただき、今は生産技術の業務にあたらせてもらっています。会社から多くのチャンスをいただいていることを自覚していますので、懸命に頑張ってチャンスを一つひとつもにのしていきたいです。
また、こういう数々のチャンスをくださる会社の良さ、やりがいの大きさを後輩へも積極的に伝えていきたいですね。知識や技術、柔軟な考え方を身につけ、先輩方を超え、恩返ししていく気持ちで、これからも業務に取り組んでいきたいと考えています。

ページトップへ

Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.