新熱が選ばれる理由【熱人(ねつびと) 提案力と製品力を支えるのは、熱い想いを持つスタッフによる、人の力。】

ものづくりの大変さと喜びが潜む、開発設計の仕事【営業技術部 設計課】

営業技術部 設計課の業務内容とは?

お客様の要望する仕様から、社内で製品づくりを行ない、最後まで面倒を見るという仕事です。私の担当としては、ヒーター設計や、ヒーターに関するユニット品の設計開発。ご要望や精度の点でお客様が納得および満足するまで、仕様とサイズ等あらゆる意味で細かな点をクリアして仕上げることですね。

私たちの製品は世の中にないものが多い。要望を汲み上げ、一からつくっていくことは、やはりものづくりの魅力です。同じような品質の製品をつくり、価格で他社さんと競争するという意味合いとは違いますから。

新しいものを常に生み出していこうとするのが、当社の開発設計の姿勢です。

新熱工業の開発設計に必要な意識とは?

お客様からの声、つまりはお求めの仕様に応えようとする意識でしょうね。どういうものを望まれているか。どういうものに使われるかを重視。お客様にとっての使い勝手の良さを考慮して取り組んでいます。

当社は単純にヒーターだけでなく、社長の方針もあり、ユニット品にも力を入れていますから、より幅広い知識と高い技術力が必要です。いずれの開発設計も、全くないところからつくるわけで、クリアにすべき問題点が多く、ものづくりそのものの大変さはあります。最初から最後までなので、解決すべき点は多岐に渡る。逆に言えば、そこに設計する者としての喜びもありますね。私たちにとって製品は子どものようなものですから。

後輩への指導で心がけている点は?

基本的には自由に活動してもらっています。以前は一から十まで説明ししていたようなところもあるんですが、今は、三ぐらいの説明をしたうえで、社員それぞれ自分の考えでやってもらっている。間違えたからこそ、身にしみて覚えることもありますよね。致命傷になりそうなことだけは事前に注意しますが。

共通の意識としては、お客様の「こうしたい」を、ただ言われたことだけやるのではなく、「なら、こういうこともできますよ」と提案できる自分たちであり続けたい。今、技術部全体として約10名程の人員ですが、非常にバランスがとれています。若いメンバーも多いですから、彼らの成長を後押しできるような存在でいたいですね。

ページトップへ

Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.