シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > 電気ヒーターの性能と自社にあった製品の選び方

電気ヒーターの性能と自社にあった製品の選び方



電気ヒーターの性能



電気ヒーターと聞くと、多くの人が自宅が寒いときに使用するものを思い浮かべがちです。このヒーターというのは、温風を出したりヒーターそのものが温まって室内の空気を暖めるものです。しかし、工業用のものというのは、加熱する対象も気体と液体、金属とがありますし、その形状やサイズといったものも様々です。

温めるものによって、ヒーターを製品にそのまま入れて使用するという場合もありますし、ヒーターの中に製品を入れて温めるということもします。そのため、使用するものや製品のサイズ、加熱するものの材質によっても形状は様々です。

ヒーターはどのような製品を製造するにあたっても使用する大事なものです。そのため、きちんとその会社で製造している製品にあったものを選ぶ必要があります。私たちが日常的に家電製品を購入するときにはスペックの高いものを買っておけば安心という発想があります。どうしてもスペックが高ければ、製品製造で困る場面がないと思うためです。しかし、スペックが高いものはそれだけヒーター本体の価格も高額になります。製品を作るものに必要なものであるとはいえ、コストはあまりかけたくないものです。

メーカーによっては、商品開発をして新商品を製造することになったり改良を加えたりするときに困らないようにスペックの高いものを購入しておこうと思う人も少なくありません。しかし、改良したときには基本的に使用している材質が同じであるために、製品のスペックが高くならなくても十分に対応することが可能な場合が多いですし、新商品製造の際にはそれにあったヒーターを購入した方が効果的であることも多いです。そのため、きちんと自社の製造するものにあった適切なヒーターを用意することが重要です。



電気ヒーターを選ぶ重要性



電気ヒーターを選ぶことは製品製造にあたってとても重要なことです。ヒーターというのは製品製造の中でとても重要な役割を担っています。様々なものを温めるだけのものと思われがちですが、製品製造の生産性やコスト管理に重要な役割を果たしているものなのです。

ヒーターの動作性が悪いと、どうしても乾燥や温めという作業にかかる時間が長くなってしまいます。そうすれば、それだけ長い時間電力を使用するということになります。電力も無料ではありません。商品の製造コストに関わってくるものですから、商品代金に影響を及ぼします。また、製品製造の時間が長くなると、それだけ作業に携わる人の拘束時間を長くするということにもなります。これは、人件費を高くする原因でもあり、電気料金と人件費という二つの側面から商品コストを高くする原因となってしまうのです。

そこで、ヒーターの性能が高く適切なものに変わると製造にかかる作用時間がカットできるようになり、これは製品コストを抑えることに効果的です。また、製造にかかる時間が抑えられるということは、他のものを製造できたり、新たな商品を開発するための時間を割くことができたりという効果もあるのです。このような面からも自社にあったものを選ぶことはとても重要なことです。

多くの人がスペックの高いものを選ぼうとしますが、避けるべき理由はここにもあります。ハイスペックなものを使用すればそれだけ電気使用量も増えますし動作性も下がります。そこで、適切なスペックのものを購入することは製品の製造効率にも大きな影響を与えるのです。



電気ヒーター選びはプロに相談をする



電気ヒーターというのは、商品によって性能が違いますし、それぞれのスペックや特性にも違いがあります。使用する対象も水や金属と様々であるために、どういった製品を使用することが自社にとって最も効率的な製造に役立てられるのかということはわからないことも少なくありません。

そこで、自社にあったものを選べないというときには複数のメーカーに相談をして自社にあっているものの提案をしてもらうことが効果的です。やはりプロの方が商品の知識も豊富ですし、必要なスペックについても提案をしてもらうことができます。自分たちでは気づかなかった点についてもアドバイスをもらうことができることも多く、予算を伝えれば予算にあった適切な商品を紹介してもらうことも可能です。

どうしても商品スペックと価格と全てが自社のイメージしている通りの製品というのは販売されていないことも多いものです。そのようなとき、プロに相談をすれば、どこを妥協するべきポイントなのかということを提案してくれるのはとても心強いものです。少しでも自社にとって有益な商品を選ぶためにはきちんと相談をしてベストな商品を見つけ出すことはとても大事なことです。

電気ヒーターのメーカーはプロとして様々な企業のヒーター購入にも携わっています。そのため、自分たちとは違った観点からの商品選びについてのアドバイスもしてくれます。これは、ヒーター選びだけでなく今後の商品開発のアイデアとなる場合もあります。そこで、複数のメーカーに相談をして自社にあったものとしてどのようなものが選ばれるのか、そしてそれがどのような観点から選んでいるのかということはぜひ話を聞く機会を設けてみましょう。


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.