シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > 過熱水蒸気を使いこなす方法

過熱水蒸気を使いこなす方法



過熱水蒸気とは



水が沸騰すると当然水蒸気が発生します。水は100℃までで温度の上昇が止まりますが、水蒸気についてはその限りではなく、一定の条件で100℃以上に加熱させることが可能です。この100℃以上に温度が上がった水蒸気は、過熱水蒸気と呼ばれており、普通の水蒸気とは違った特性を利用して、様々な目的に利用されています。工業機械から家庭用のキッチン用品まで、幅広い用途で活躍しているので、普段の仕事や家庭で使うことにより思い掛けない発見があり、より暮らしが豊かになるかもしれません。


そもそも過熱水蒸気を生み出すにはどうすればよいのでしょうか。水蒸気が100℃以上に温度を上昇させるためには、水蒸気を構成する水分子を高速で摩擦させる必要があります。家庭用の過熱水蒸気を使ったオーブンの場合、オーブン内の酸素が取り除かれることで、水分子の動きが激しくなり、過熱水蒸気が発生する仕組みになっています。他の機械でも、何らかの方法で水分子を激しく動く環境を作り出しています。使用する機械によっては、果物などの食品なら簡単に炭化できるくらいに温度を上昇させることができ、技術の発展に伴って、様々な使い方が提案されています。


高熱を使った加工を行う機械は数多く存在しますが、その中でも過熱水蒸気が使われているのは高い熱効率が理由の一つです。条件次第ではより高い品質の製品を作ったり、コストの削減につなげられたりと多くの魅力を持つ技術です。過熱水蒸気をどういう目的で使うと役立つのか、この機会に詳しい特徴を知るとともに、導入するかどうか検討するのも良いです。




どう役立つのか




過熱水蒸気は、水蒸気の温度を大きく上昇させることで、様々な目的で使えるようにしたものの事を指します。具体的に使われている場面を見たことがあるという方のほとんどは、スチーム機能があるオーブンだという方が多いでしょう。それらのオーブンは、通常のオーブンとは違い、栄養の破壊を防ぎ、余分な油を取り除くというメリットがあります。過熱水蒸気を発生させると、オーブン内の酸素が外に抜けていく仕組みになっているので、加熱中の酸化をほとんど発生させず、栄養を残すと共に、急速な加熱で食品中の油が一気に溶け出し、よりヘルシーな調理が可能となります。


工業用の機械で過熱水蒸気が使われる際は、殺菌や急速乾燥などの用途で活躍します。温度を非常に高く調整できるので、熱による乾燥はより効率よく行えますし、乾燥する際も、170℃を超えたあたりから温風で乾燥するよりも乾燥効率が上がるため、より素早く大量の製品を乾燥させることができます。従来の方法よりも短時間で作業を進められるようになれば、それだけ生産効率も向上し、より多くの利益を生み出せるようになる可能性があります。


さらに過熱水蒸気は、落とすのが難しいものを取り除きたいときにも重宝します。例えば食品の殺菌ですが、加熱調理などで大半の細菌は取り除けますが、すでに調理したものは再び加熱すると焦げたり乾いたりと、どうしても変質してしまいます。また工業機械の洗浄に使われる洗剤も、水洗いだけでは完璧に取り除けず、製品の品質低下にも繋がりかねません。


それらも過熱水蒸気なら、変質を可能な限り防ぎながら殺菌を行ったり、浮き上がりにくい洗剤も高熱で綺麗に取り除けます。こうした以前は難しかった作業がこなせるようになれば、さらにビジネスの幅も広がる可能性があります。




安全性に注目




過熱水蒸気を利用した様々な設備は、近年急速に増加しており、家電製品として広まり始めてからは、さらにその知名度が上がっています。従来の製品と比べて異なる点は色々ありますが、最近特に注目を集めているのが、安全性についての話題です。当然ながら水蒸気の元は水で、水が人体に悪影響を与えるようなことはまずありません。つまり過熱水蒸気を使った乾燥や加熱は非常に安全性が高いものということになり、食品の製造など、安全性がどこよりも求められる分野において、特に大きな注目を集めています。



調理用道具として食品加工に使われるだけでなく、医療用器具の殺菌や、危険物を取り扱った後の機械の洗浄など、活躍できそうな場面はまだまだありますが、そうした要望に応えるために、多くのメーカーが独自の方法で新製品を開発しています。500℃まで加熱できる商品もあれば、よりコンパクトで、使い勝手の良いつくりを目指したものなど、色々な特徴を備えた商品が世に送り出されているので、うまく利用して事業をさらに発展させましょう。


様々な場面で役立ってくれる過熱水蒸気ですが、もちろん欠点がないわけではありません。一部の食品は水分を吸収して変質することもありますし、作業中真空状態が作られることで破損する製品などもありえます。どんな製品にもいえることですが、それぞれの得意分野を考慮した使い分けが重要な意味を持ってくるので、実際に導入するべきかどうかは、専門家の説明などを受けた上で判断するようにしましよう。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.