シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > 過熱水蒸気の技術を導入したいとお考えの方へ

過熱水蒸気の技術を導入したいとお考えの方へ



100℃以上の高温になった水蒸気である「過熱水蒸気」について


皆さんもご存じのように、水が沸騰すると、水蒸気が発生します。
水を加熱すると、その温度は100℃まで上昇してストップしますが、水蒸気の場合はその限りではありません。
水蒸気は、一定の条件を満たすことで、100℃以上の高温にすることが可能になります。

そのようにして、水の沸点以上に温度が上昇した水蒸気のことを過熱水蒸気と呼んでいます。
こちらの水蒸気には、普通の水蒸気とは異なる性質があります。
この特性を利用して、工業用機械から、家庭で使う台所家電に至るまで、さまざまなものに利用されています。
そのような視点を持って普段の生活を送れば、今までにない発見があり、より豊かな気持ちで暮らすことができるようになるでしょう。

過熱水蒸気に関する理解を深めるためには、その生成方法もチェックポイントになります。
水蒸気を、100℃以上の高温にするためには、水蒸気を構成している水分子を高速で摩擦させなければなりません。
こちらの原理を採用した家庭用オーブンの場合、オーブン内部の酸素を取り除くことにより、水分子の動きを活性化し、過熱水蒸気を発生させる仕組みとなっています。

その他にも、何らかの方法によって水分子を活発に動かすことのできる環境を作り出している機器が存在します。機器によっては、果物などの食品が簡単に炭化するほどの高温を作り出すことができます。
]
最近では、この分野の技術が進歩するのにともなって、さまざまなシーンで活用されることに期待が集まっています。
100℃以上の高温になった水蒸気である過熱水蒸気は、食品だけではなく、ペットボトルや瓶などの容器を乾燥させるためにも利用することができます。

こちらは、殺菌効果に優れ、対象物を乾燥するスピードも速いために、食品加工の現場で人気を呼んでいる技術です。

「スチームオーブンレンジ」と呼ばれる製品に関する情報


過熱水蒸気の原理は、私たちの身近に存在する電化製品にも採り入れられています。
例えば、スチーム機能を搭載したオーブンは、目にする機会の多い製品と言えます。

こちらは、食品の加熱によって栄養素が破壊されるのを防止し、余分な油分・塩分を取り除くことができるというメリットを持つ製品になります。
100℃以上の水蒸気を庫内に充満させ、酸素を外部に排出する仕組みになっているため、食品の酸化による栄養素の欠損を防ぐことができます。

家庭用電化製品の中では、「スチームオーブンレンジ」というジャンルに属する商品が増えてきています。
こちらの商品は、その名の通りに、レンジとオーブンの両方の機能が搭載されているものです。
その内、オーブンは、ガスやヒーターによる熱を食品に伝え、外部から加熱する仕組みになっています。
また、電子レンジの場合、電磁波を使用して食品内部の水分子を振動させ、その摩擦で発生する熱によって食品を加熱します。

オーブンは、庫内が一定の温度に保たれているため、食品の表面をむらなく加熱することができますが、内部が温まりにくいため、温度調節のしかたを誤ると、中が生焼けだったり、表面が焦げすぎたりという失敗が起こりやすいという問題があります。

また、電子レンジによる加熱は、食品内部から行われるため、内側も短時間でしっかり加熱できるという利点があり、食品の温めに適していますが、食品内の水分が気化して外部へ排出することで乾燥しやすいという問題点が存在します。

スチームオーブンレンジのメリットなど


それらの問題を解決することのできるのが、スチームオーブンレンジです。こちらは、熱源として過熱水蒸気を採用したオーブンレンジになります。
スチームオーブンレンジは、いったん水を沸騰させ、発生した100℃の水蒸気をさらに加熱することで過熱水蒸気を作り出します。
こちらは、一般のオーブンと比較して、食品の内部まで短時間で加熱することができ、電子レンジと比べて食品が乾燥しにくいという利点を有します。当初は、業務用途に限られていましたが、後に技術革新が進み、家庭用の製品化がなされることとなりました。

その後、多くのメーカーが参入し、現在では、スチーム機能を搭載したオーブンレンジを数多く目にするようになりました。
高温によって加工をほどこす機器は、世の中に数多く存在します。
その中でも、過熱水蒸気が選ばれている理由の一つとして、熱効率に優れているという点が挙げられます。
こちらの技術は、条件によっては製品のクオリティの向上や、製造コストの削減など、さまざまなメリットをもたらしてくれることが期待されています。

また、最近になって特に注目度が高くなっているのは、安全性の高さです。
言うまでもありませんが、水蒸気は、水を過熱し、高温にすることで作り出されます。
そのため、100℃以上の高温にした水蒸気は、安全性の高いものとして、食品製造など、安全面に対するニーズの高い分野において特に注目を集めているという訳です。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.