シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > 工業用シーズヒーターの概要や特徴を理解しよう

工業用シーズヒーターの概要や特徴を理解しよう



工業用に使われる「シーズヒーター」の概要と特徴


電力によって発熱させる製品は数多く存在します。こちらは、一般家庭用のみならず、工業用の製品としても提供されています。
そのように、電気の力で熱を発生させる製品は、幅広いシーンで使用されていますが、こうした製品を構成する部品の一つに「シーズヒーター」があります。

シーズヒーターは、「鞘(さや)をかぶったヒーター」のことを意味します。
業者の中には、それぞれの利用目的に合わせて、使用する材料を選定し、組み合わせて製品を提供してくれるところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

工業用シーズヒーターは、材料の選定方法に気を配ることで、一つひとつの工業用製品の使用目的に合ったものを作り出すことができます。
工業用シーズヒーターの材料にも複数の種類が存在します。
例えば、外側パイプには、ステンレスやインコネル、チタンなどの素材が使用されます。
また、電気絶縁材には、コストを低く抑える目的で、酸化マグネシウムが使用されています。
また、酸化マグネシウムは、比較的入手しやすいというアドバンテージもあります。
その他に、発熱線の素材としては、主としてニクロム丸線が使用されています。

このように、工業用シーズヒーターの素材は、それぞれの使用環境にマッチしたものを選ぶことができます。
これから工業用シーズヒーターの購入を検討するのであれば、使用する製品に合わせて材料を選択するか、もしくは業者に提案してもらうと良いでしょう。

導入を検討する際には部品の種類にも気を配ることが大切


ひと口に工業用シーズヒーターと言っても、その種類はバリエーションに富んでいます。これから購入を検討する場合には、それぞれの種類の特徴をある程度把握しておくことも大切になります。
例えば、「細径シーズヒーター」は、マイクロヒーターと同じように、比較的細い径になっているという特徴があります。こちらは、屈曲性が高く、複雑な形状に曲げることができます。そのため、ヒーターを曲げる必要性のある製品へ使用するのに適しています。具体的には、小型ホットプレートや気体加熱器などに使用されている部品になります。
また、「フラットヒーター」は、厨房機器のフライヤーに使用されることの多い部品です。
こちらは、一本で3相の電源を使用することが可能であるほか、気体や液体の両用性が高いという特徴があります。
その他に、主としてプロセス熱源用ヒーターや、半導体装置各種成膜装置用ヒーターなどに使用される部品として、「液晶用ヒーター」が挙げられます。

こちらは、発熱体が酸化しにくいため、耐久性に優れているのが特徴的です。
工業用シーズヒーターは、比較的利用頻度が高い部品であるほか、故障などのトラブルやアクシデントが発生すれば、日常業務に支障を来すリスクも生じてきます。
そのため、耐久性や寿命も、工業用シーズヒーターを選ぶ上でのチェックポイントの一つとなります。
また、この液晶用ヒーターは、耐食性が高いほか、直接加熱できるというメリットもあります。

その他に、工業用シーズヒーターの導入にあたってチェックしておくべきポイントはこちら


工業用シーズヒーターには、さまざまな種類が存在し、それぞれの用途に合ったものが使用されています。
自分の適性やニーズ、希望条件にマッチした工業用シーズヒーターの選び方が分からないという場合には、業者に依頼すれば、適切なものを選び、紹介してくれることでしょう。
世の中には、工業用シーズヒーターの製造・販売を手掛ける業者が複数存在します。
したがって、工業用シーズヒーターの導入を検討する場合は、業者の選び方にも気を配りたいところです。
そのような場面では、然るべきポイントを押さえた上で、実際のアクションを起こすことが大切になります。

例えば、技術レベルの高さも、利用する業者を選ぶ上でのチェックポイントです。
具体的には、部品を曲げる作業を得意とするなど、業者によって特徴の違いがあります。
こちらの条件では、過去の製作実績を参考にして、自社にあっていると思われる業者を選定するのも良いでしょう。
それぞれの業者の製作実績を確認する中で、自分の会社が抱えている課題を解決した実績が見つかれば、その業者は利用価値が高いと考えられます。

また、一つひとつの業者について、詳しい情報を収集したい場合には、資料を請求してみるのも選択肢の一つです。
そして、同等の機能を果たす製品であっても、取り扱う業者によって、価格などの条件には違いがあります。
したがって、利用する業者を決定するのに先立っては、見積もりを依頼し、予算などの条件に合うところを選定すると良いでしょう。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.