シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > 工業ヒーターの使用業界などに関するコンテンツ

工業ヒーターの使用業界などに関するコンテンツ

業務用ヒーターの導入を考えている方のために


工業ヒーターなど、業務用ヒーターの導入を検討するにあたっては、実際の使用業界についてもあらかじめ確認しておくことをおすすめします。業務用ヒーターは、塗料を乾燥させるために利用されるケースも存在します。例えば、自動車の整備工場において、ボディの塗装を行なったり建設現場で内装をする際、塗料を使用したりする場合に業務用ヒーターが利用されることもあります。
また、喫茶店やレストランなどの飲食店でも、加温のために業務用ヒーターが導入されています。飲食店の場合、ヒーターをお客さんの目に入る位置に設置しなくてはいけない場合も多くなります。そのような場合に導入する機器を選ぶにあたっては、実用性のみならず、外見的な印象もチェックポイントになります。そして、野外で開催されるイベントにも業務用ヒーターが役立っています。そのような場面では、風などの自然条件を考慮に入れた上で導入する機器を選定する必要があります。
電気の力によって熱を発生させる製品は、一般家庭用のほか工業用のものも存在し、幅広いシーンで活用されています。電力で発熱させる製品の一つにシーズヒーターというものがあります。こちらの名称は、鞘をかぶったヒーターという意味があり、具体的には外側にパイプのあるヒーターのことを意味します。

工業用ヒーターに関するコンテンツ


ヒーターの中でも、家庭用のものは住宅内の温度を上昇させるために使用されます。その一方で工業用ヒーターは、家庭用のものと対象物を加熱する原理は変わらないものの、主な被加熱物がパイプやノズルなど、工業製品になるという相違点があります。
工業ヒーターの使用業界には、さまざまなバリエーションがあります。これから工業用ヒーターを導入にあたっては、それぞれの環境によって適切な機器を選ぶことが可能になります。例えば、ドラム缶や配管、ガラス器具など、被加熱物の種類に見合ったサイズや形状のさまざまな製品が存在します。そのような状況の中では、一つひとつの製品の特長を理解した上で、自社の製品にマッチしたものを選定することが大切です。
製品に残った水分を加熱して蒸発させたり、金属を延ばすために温めてやわらかくしたりと、さまざまな目的で工業用ヒーターを使用することができます。こちらは、間接的に加熱する仕組みになっているので、直接加熱すると破損してしまう製品にも使用することが可能です。
ものづくりに取り組む企業であれば、自社の製品のクオリティをできるだけ高めたいという共通の願望を持っていることでしょう。そのような願いを叶えるためには、製品そのものに加えて、製造するにあたって使用する機材にも気を配る必要があります。そのような場面でも、メーカーがこだわりを持つ器材の一つに工業用ヒーターがあります。

導入する製品を選定する際のチェックポイント


工業ヒーターの使用業界はさまざまで、それぞれの環境にマッチした数多くの製品が存在します。これから工業用ヒーターを導入するにあたっては、各製品の特徴を把握し、自社の適性やニーズ、希望条件に見合ったものを選ぶことが大切です。また、既存の製品の中には、自社にマッチしたものが無いという場合、オリジナルの製品を特注するという選択肢もあります。
導入する工業ヒーターを選定するにあたっては、被加熱物の耐熱温度や形状、材質、ヒーターの形状などがチェックポイントになります。その内、ヒーターの形状は製品の中にヒーターを入れるのか、反対にヒーターの中に製品を入れるのかによって違いがあります。また、ヒーターの温度は高ければ高いほど良いというものではありません。こちらの条件では、対象物の耐熱温度に見合ったものを選ばないと、製品の損傷や変形という問題が発生することにもなりかねないので、注意する必要があります。
また、工業用ヒーターを導入したいと考えているものの、製品の選び方が分からないために、実際の行動が起こせないでいるという方もいらっしゃることでしょう。そのような問題を解決するためには、メーカーの担当者に問い合わせや相談をしてみるのも良いでしょう。こちらの方法を実践すると、プロから専門性の高い情報を提供してもらうことが可能になります。具体的には、自社の環境に見合った製品の紹介や、オリジナル商品の製造プランの提案といったサポートを受けることができます。
その内、オリジナル品を特注すると、製品の活用シーンが広がるというアドバンテージがあります。例えば、温度に対してデリケートなものを製造したり、特殊な形状の場所で使用したりするヒーターとして、汎用品では対応できないという場合には、特注品をオーダーメイドするという選択肢が存在します。このように、工業ヒーターの選び方に気を配ることで、製造作業のコストパフォーマンスを良くすることも可能になります。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.