シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > シーズヒーターの加熱限界温度を知っておこう

シーズヒーターの加熱限界温度を知っておこう



シーズヒーターの加熱限界温度とは?


シーズヒーターはさまざまな物を加熱する際に利用されています。
暖房機器の熱源としても利用されていますが、例えば加熱は液体を加熱する際にも利用しますし、容器の上から放射することで加熱する空気加熱、さらに金属容器にヒーターを取りつけ、間接的に加熱するという方法などさまざまなものがあります。

液体を加熱する上でもこうしたいろいろな方法がありますが、シーズヒーターを加熱した場合に、安定して利用できる温度はどのくらいなのかというと、600℃程度と言われています。
これでもヒーターの内部はかなり高温となっているので、取扱いに注意が必要となります。
直接触れるようなことがあれば火傷の危険性も出てきます。
発熱線に何を利用するかによって、加熱限界温度も変わってきますが、発熱線の耐熱温度については、1000℃くらいは大丈夫と言われています。
加熱限界温度を考えると、やはり600℃程度で利用できることが望ましいです。

工業用にも家庭用にもさまざまに利用できる


シーズヒーターは電気を流す際に、完全に絶縁されているため感電のリスクがないということと、直接加熱が可能なので安全に利用できるという特徴があります。
振動にも衝撃にも強く、酸化もないので寿命が長く、耐熱性のパイプが利用されている機器の場合には、高温でも利用できます。

これからシーズヒーターを活用したいと思っている方も多数おり、最近は特に長い寿命があるということに注目が集まっています。
加熱限界温度に近い状態で利用すれば、永久的に利用できるというわけではありませんが、安定して利用できる温度で利用する分には、基本的にシーズによって発熱体が保護されているため、腐食もせず半永久的に利用できると言われています。

家庭用のヒーターとして利用もされていますし、工業用として利用されている場合もあり、特に工業用として利用する場合、寿命が短い部品はメンテナンスも必要となって交換リスクも高くなります。

しかしシーズを利用しているヒーターは、長い寿命で利用できるように加熱限界温度をこえない製品が開発されています。

発熱量を上げても、シーズヒーターは限界値で継続的な利用とならなければ安定して利用でき、工業用として利用する場合にも絶縁されているため、そのまま直接取りつけることができるという利点があります。
絶縁性に優れ、高熱に強く他の製品よりもさまざまな環境で利用できる魅力的なヒーターです。

発熱体にもしも水が触れてしまっても漏電というリスクが少なく、工業用で利用する場合には、こうしたリスクが少ない製品の方が安定して安全に利用することが可能です。
曲げ加工なども可能なシーズを利用したヒーターは、これからもさまざまな分野の製品に利用されていくでしょう。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.