シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > シーズヒーターの利点や熱効率などの製品と業者の選び方

シーズヒーターの利点や熱効率などの製品と業者の選び方

シーズヒーターの利点について




シーズヒーターの導入を検討している人もいるのではないでしょうか。シーズとは簡単に言えばヒーターの外側のパイプのことで、ヒーターの部品の一部として認識している人も多いです。シーズヒーターにも様々な材料が使用されています。例えば外側パイプです。外側パイプは文字通り、部品の中の外側にあるパイプのことで、使われている素材は目的によっても異なりますが、主にステンレス鋼やチタン、アルミなどを使用します。外側パイプの内側には電気絶縁材料と発熱線が内蔵されています。電気絶縁材料は価格面や入手面から酸化マグネシウムを使用して製造している業者も多いです。発熱線にはニクロム線を使用します。


現在ではこのシーズヒーターは様々な用途で使用されており、その理由の一つに利点があります。利点の一つとして挙げられるのが、寿命です。裸発熱線と比較されることが多いですが、それに比べて寿命が長いとされています。その理由は発熱体が外気に触れる心配がない点です。基本的にシーズで発熱体が守られているので、腐食を抑えることが可能です。これによって長い寿命を実現することができます。


基本的に工業用や家庭用製品など幅広いところで使用されます。もし寿命が短い部品を取り入れた製品であれば故障リスクが高いので、購入者の中には満足できない可能性もあります。また、工業用製品においては家庭用製品に比べて価格が高くなることもあるので、長い寿命が実現できる製品を選びたいと思われる人も多いです。そのような製品開発に活用することで長い寿命を実現できます。


その他の利点としては発熱量を上げることができます。基本的に他の種類とは異なり、シーズヒーターは長時間発熱しても発熱量が変化しないとされています。発熱量が低下しないので、長時間ヒーターを使用する場所でも実際に部品として取り入れられています。直接取り付けることができる点も利点の一つです。発熱体が絶縁しているため、裸発熱線とは異なり直接取り付けることが可能です。そのため、絶縁性に優れているので取り付けが容易な部品の一つです。


安全性においても利点があります。発熱体がむき出しになっていないため、もし水が発熱体に触れても漏電の危険性が少ないです。特に工業用においては水を使用する環境で設置しなければならないところもあります。そのような環境でも漏電リスクの低下により安全に運用することができます。その他にも曲げ加工ができるなど様々な利点があるので、発熱体を取り入れたい企業はこれらの利点を製品の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。




シーズヒーターの製品の選び方を知ろう




シーズヒーターの購入を検討している人の中にはどのような製品が自社製品に相応しいのか知っておきたいと感じる人もいるのではないでしょうか。選び方としては、熱効率になります。用途に応じて高い熱効率が求められている企業もいるでしょう。熱効率の高い種類があります。それはフラットヒーターです。フラットヒーターの熱効率が高い理由は表面積が広いからです。そのため、高い熱効率が実現できます。熱効率が高いだけでなく、フラットヒーターは気体と液体の両用性などにも優れているので、これらの特徴を取り入れたい方はフラットヒーターを選択されてみてはいかがでしょうか。


その他の選び方としては寿命です。より長寿命な製品を購入したいと考える人も少なくないでしょう。比較的寿命が長い製品の一つとして挙げられるのが半導体ヒーターです。半導体ヒーターは衝撃や振動に優れており、発熱線が酸化しにくいという特徴があるので、シーズヒーターの中でも寿命が長いとされています。その他にも直接加熱が可能なことや耐腐食性に半導体ヒーターは他の種類に比べて優れています。使用目的から選ぶことも選び方のコツです。例えばノズル加熱用ヒーターなど用途に応じて使われる部品が異なるので、用途を確認して適切な製品を選択することもできます。




シーズヒーターを製造する業者の選び方




現在、熱効率の高いフラットヒーターなどのシーズヒーターを製造、販売してくれるところはたくさんあるので、業者選びに迷われている人もいるのではないでしょうか。選び方のポイントは価格です。価格は比較することで安く手に入れることができる可能性があります。例えば、見積もりを候補の業者に依頼して、提示された製品の内容や価格を比較して自社に適している業者を選択することも可能です。


技術力も確認しましょう。製品や用途に応じては曲げの技術などが高いところを選択したい人も多いです。技術力はそれぞれの業者で異なってくるので、どのような技術があるのかを確認してから選択するようにしましょう。業者を選ぶ時は実績を確認します。実績を確認して数多くの実績がある業者を選択することができれば安心してお任せできると考える人もいるでしょう。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.