シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > シーズヒーターにはどのようなメリットがある?

シーズヒーターにはどのようなメリットがある?



これからシーズヒーターを導入したいと考えている方へ


シーズヒーターの導入を検討するにあたっては、導入後に得られるメリットについて理解を深めておくことも大切なファクターです。

シーズヒーターの「シーズ」は、英語に訳すと「Sheath」となり、ヒーターの外側についているパイプのことを意味します。
したがって、シーズヒーターとは、「外側にパイプのあるヒーター」といったニュアンスの言葉になります。

こちらのパイプの素材には、用途に応じたものが使用されていますが、主だったものとしては、ステンレス鋼やチタン、アルミなどが挙げられます。そして、パイプの内側にあるのが、電気絶縁材と発熱線です。

その内、電気絶縁材には、コストを低く抑えることができ、入手しやすいという理由から、酸化マグネシウムが使用されるケースも多くなっています。
また、発熱線には、主としてニクロム丸線が使用されています。

先ほども述べたように、シーズヒーターは、外側にパイプがあるため、発熱体が外気に触れることがありません。
そのように、パイプで保護されているために、裸発熱線と比較して、発熱体の腐食するリスクが低く、耐久性に優れているというメリットがあります。

また、発熱量の安定性が高いのも、シーズヒーターの持つ利点と言えます。
こちらは、長い時間にわたって使用しても、発熱量の変化が少ないことから、幅広いシーンで活用されています。
そして、裸発熱線とは違って、シーズヒーターは、外側にパイプがあり、発熱体が絶縁しているために、製品に直接取り付けることができます。
そのように、絶縁性が高いために、取り付けの作業にかかるエネルギーや時間、コストの負担が軽くて済むというアドバンテージもあります。

シーズヒーターのメリットと、導入にあたってのチェックポイントをご紹介


裸発熱線とは異なり、シーズヒーターは、発熱体がむき出しの状態になっていないので、発熱体に水が触れても、漏電の発生するリスクが低いというメリットがあります。
例えば、水を使用する工場内などの環境に設置する場合でも、安全に使用することが可能になります。
その他に、屈曲性があり、曲げ加工を施すことができるのも利点の一つです。
そのように、シーズヒーターにはさまざまなメリットがあるので、発熱体の導入を考えている企業担当者の方には、チェックしてみることをおすすめします。

次に、ひと口にシーズヒーターと言っても、複数のバリエーションが存在するので、導入を検討するにあたっては、製品の選び方にも気を配ることが大切です。
そのような場面では、一つひとつの製品の特長を把握し、自社の適性やニーズ、希望条件にマッチしたものを選ぶと良いでしょう。

実際に製品を選ぶに際しては、熱効率もチェックポイントになります。
こちらの条件で優れた性能を持つ製品としては、フラットヒーターが挙げられます。
こちらは、発熱体の表面積が広いことから、高い熱効率を実現することのできる製品です。
また、気体と液体の両用性に優れていることなども、フラットヒーターのメリットと言えます。

購入する製品や、利用する業者を上手に選ぶ方法はこちら


導入するシーズヒーターを選定するにあたっては、製品の寿命にも気を配ることが大切です。
中でも、比較的寿命が長い製品の一つに、半導体ヒーターがあります。
こちらは、衝撃や振動に強く、発熱線の酸化するリスクが低いため、耐久性に優れています。

また、半導体ヒーターには、直接加熱することができ、腐食しにくいというアドバンテージもあります。
また、ノズルの加熱など、それぞれの用途に合わせて、製品を選ぶこともポイントになります。
次に、シーズヒーターの製造・販売を行なう業者は、巷に数多く存在します。
そのような状況の中では、業者の選び方にもこだわることが大事です。

例えば、価格については、同等の性能を持つ製品であっても、業者によって提示される条件に違いがあります。
そうした中、少しでも条件の良い業者を選び出すためには、候補となっている複数の業者に見積もりを依頼し、提示された条件を比較・検討するのも良いでしょう。

また、技術レベルの高さも、業者を選定する上でのチェックポイントです。
こちらも、業者によって違いのある条件ですが、例えば、曲げの加工を施す技術レベルが高いなど、業者ごとの特徴を把握することも大切になります。
そして、業者を選ぶにあたっては、それぞれの会社が、業界内でどのような実績を持っているのかも確認しておきましょう。

中でも、豊富な実績を積んできているところは、利用価値が高いと言えます。
このような業者であれば、多数の経験を積む中で培った確かなノウハウを活かして、クオリティの高いサービスを提供してくれることでしょう。
そうした製作実績は、各業者の運営するホームページ上などにも掲載されているので、確認してみることをおすすめします。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.