シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > カートリッジヒーターについての豆知識

カートリッジヒーターについての豆知識


カートリッジヒーターとは




カートリッジヒーターとは金属製のパイプに、熱線が入っています。この熱線はMgOボビンに巻かれています。高純度のマグネシアで空所を満たし、金属パイプを使用して片側からリード線を引き出すことで実現できたヒーターのことになります。一般的には大きな電気容量を入れることができるので、他の部品に比べて利点が多いとされています。また、製品の中には取り付けなども容易なため、幅広い場所で設置されています。


カートリッジヒーターはそれぞれの製品で形状などが異なります。形状の種類はアンバランス型、フランジ型、防水加工型等を挙げることができます。実際にカートリッジヒーターは、水を使用する現場で使われる製品などにも使用されているので、そのような製品には防水加工型などを使用するなど製品によって取り入れられる形状は異なります。


一般的な用途として挙げられるのが半導体製造装置になります。半導体はパソコンなどの家電製品などに数多く使われているので、私達が生活をする上で欠かせない部品になります。家電製品などにおいても内部に設置されているので直に見る機会は少ないですが、その部品を製造しているのが製造装置で、その装置にはカートリッジヒーターが使われています。


その他にも用途として袋のシール用ヒーターとして使われています。現在では袋を閉じてその袋の中に何かの商品を入れて販売しているところが多いです。シール用ヒーターは包装機械などに使用することが多いです。またポンプ凍結防止用ヒーターとしても使用されます。基本的にポンプが凍結をするとその装置が使用できなくなるので、凍結を防ぐためにヒーターを使用することで寒い日でもポンプを使うことができる状態をキープすることができます。凍結を防ぐだけでなく、冷却フィンなどの除霜用の製品にも使用されることがあります。更には溶断用発熱ナイフなど様々な製品に使用されており、カートリッジヒーターはこれらの製品には欠かすことができないものになっています。




カートリッジヒーターを使用する時の注意点




カートリッジヒーターは色々な場面で活躍しており、長寿命なことも魅力的な部分として挙げられます。しかし、使用上の注意点もいくつかあるのでこれから長く使うためにもここでは注意点について説明します。


まず1つ目の注意点としては大気中で空焼きしないことです。基本的にカートリッジヒーターは発熱部が一部分でも被加熱物から出た状態で使用してしまうと異常発熱になってしまい、断線や発火などの危険性があります。これは空焼きすることで発生しやすくなるので、断線や発火に繋がらないようにするためにも空焼きはしないように注意するようにしましょう。


2つ目の注意点は水です。カートリッジヒーターにはリード線が存在していますが、この部分は水に弱いところになるので水がかかってしまうと漏電やショートの原因となります。水がかかると正常に使用することができない、または故障の原因になるので水ができる限り発生しないような場所で設置するようにしましょう。


3つ目はヒーターを被加熱物から外す際は電源を切ることです。それと電源を切った後はすぐに触れないように気を付けることです。すぐに触れてしまうと火傷をする可能性もあります。


このように、ここでは注意点についていくつか説明しましたが、注意点を守って使えば簡単に壊れることなく長く使用することができます。特に購入する前には注意点は知っておいた方が安心なので、これから購入を検討している人は注意しておきたいことは何か調べておくといいでしょう。




カートリッジヒーターを作成してくれる業者の選び方




カートリッジヒーターをこれから導入したい場合、専門業者に依頼をして作成してもらうことになります。納得のカートリッジヒーターを手に入れるためにもどこに注文するかは大切なポイントです。ここではその中でも選んだ方がいい業者の選び方について紹介します。


まず1つ目にチェックしておきたいポイントとしては提案力です。基本的にヒーターを開発している業者はいくつか存在しており、依頼すれば作成してもらうことができます。しかし、ただ単に作成するだけでは希望通りの製品を手に入れることができません。それぞれ企業によって最適な製品が異なるので、なるべく選ぶときは提案力に優れた業者をセレクトするといいです。提案力があるところならランニングコストや作業効率などのことも考えて作成してくれるので魅力的です。


2つ目は品質保証をしている業者であることも確認をして注文しましょう。それぞれ業者によって保証体制は異なります。例えば中には全く保証に対応していないところもありますが、万が一の時に対応してもらうためには保証が重要です。業者によっては品質保証体制を敷いているところもあるので、満足度の高い業者に依頼するためにはなるべく保証についてしっかりと考えているところを選ぶといいでしょう。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.