シーズヒーターの新熱工業HOME > コラム > あなたはコスパ派?いろいろ楽しめるシーズヒーターの選び方

あなたはコスパ派?いろいろ楽しめるシーズヒーターの選び方




まずは仕組みを理解してシーズヒーターの選び方を検討する




機種ごとの性能を比較する前に、まずは、ヒーターそのものの構造とメカニズムを理解したうえでコストパフォーマンスや性能について検討していきましょう。


一般的なヒーターは発熱体を絶縁物質で包み、その内部に通電させることで暖房としてのエネルギーを得ています。発熱体として使用されるのはアルミニウムや銅、カーボンなどですが、シーズヒーターではニクロムが使われています。ニクロムそのものの寿命が非常に長いため、ヒーター本体も壊れにくいとされており、正しく使えば10年以上は買い換える必要がないと言われています。


しばしば比較対象となるハロゲンヒーターは即効性にすぐれ、せまい範囲を急速に暖めるのに向いていますが、シーズヒーターは比較的広い範囲をゆっくりじわじわと温める力があるようです。基本的に頑丈であり、少しの衝撃では壊れないことも大きなメリットです。また、ハロゲンヒーターのように稼働中に強い光を発しないため、夜、寝ている間につけていても違和感なく熟睡することができます。


コスパも気になるところではないでしょうか。単純に電気代で比較した場合、月々のコストはその他のヒーターとさほど変わりません。製造コストがかかるため商品価格はやや割高な印象を受けるかもしれませんが、安価なヒーターをすぐに壊して短期間に何度も買い換えることを考えると、最初にきっちりと初期投資をしておいたほうが後々コストが安くすむ、という考え方もできます。最近ではハロゲンヒーターの長所を組み合わせたハイブリッドヒーターも主流になりつつあるため、初めて購入する場合や新品に買い換える場合はなるべくたくさんの家電量販店に行き、価格相場を徹底的に比較してみましょう。




シーズヒーター、エアコン、床暖房、結局コスパがいいのは?




冬の時期に必要になる暖房器具としてはヒーターの他に、エアコンや床暖房などさまざまな種類があります。結局、どれが一番暖房器具としてコストパフォーマンスが良いのでしょうか。


エアコンの特徴は、比較的広い範囲を短時間で暖められることにあります。リモコン操作によって風量や風向きが自由に変えられるのもヒーターや床暖房にはないメリットであり、便利な点でもあります。暖房効率が部屋の広さによって極端に左右されない点もうれしいポイントであり、風量を強くすればある程度広い空間でも時間をかけずに暖めることができます。


メンテナンスの面倒さがエアコンの難点だと言われてきましたが、最近ではエアコンの性能も飛躍的に向上し、ボタンを押せばフィルターの清掃を自動的に行ってくれる優れた機種も主流になりつつあります。「冷房も暖房も1台ですませたい!」という方にはエアコンが使いやすいかもしれません。


足もとからぬくもりを感じたいのなら床暖房がおすすめです。エアコンやヒーターのように熱風の力で部屋を暖めるのではなく地面の熱そのもので温度を上げていくため、エアコンやヒーターの熱風が苦手だという人には便利な暖房器具です。設置にあたっては大がかりな工事が必要となりますが、暖房器具としての寿命が長く、一度設置してしまえば10年単位で使い続けることができるため、新築一戸建てなどに導入されるケースが多いようです。


ヒーターの長所は即効性です。範囲がやや限定的ではありますが、それほど広くない部屋であれば熱風の力で一気に暖まります。同じヒーターでも発熱体の材質によっていくつかの種類に分かれており、ユーザーのライフスタイルに合わせて自由に選び方を工夫することができます。




色とデザインでシーズヒーターなどの家電を選ぶ




昭和の時代には機能性重視の家電製品が主流でしたが、ユーザーのセンスや好みが多様化するのに合わせて、デザイン性にすぐれた暖房器具が多数登場するようになりました。特にヒーターは部屋のインテリアとしての機能も持っているため、室内空間にマッチしたオシャレな機種を選びたいところです。


まずは形で選ぶのがオーソドックスなパターンです。ひと昔前まではヒーターと言えばほぼ四角形でいかにも暖房器具とわかるようなものが多く、高性能ではあるけれどインテリアとして室内に調和させるのがちょっと難しいようなタイプがメインでした。ここ数年はデザインのバリエーションも豊富になり、円筒型の一見すると暖房器具とはわからないような形のものも出てきており、インテリアとして室内に置いていても違和感がないように計算されています。サイズのほうも幅広いパターンが用意されており、広いリビングにも対応可能なラージサイズからひとり暮らしのワンルームに適した小型タイプまでユーザーの生活空間に応じて使いやすいものを選ぶことができます。


最近では大型のものでも電気代がそれほどかからないエコタイプもあり、コスパの観点からも機種を比較することが重要になります。


ヒーターの選び方に悩んだら、色彩心理学を参考にするのもひとつの方法です。ヒーターは暖房器具ですから、寒色系よりも暖色系がメインに使われたものを選んだほうが心理的にもより高い効果を実感できます。具体的には薄いオレンジやクリーム色など、できるだけおだやかな色のヒーターを部屋に置いておくことで自然とリラックスした気分になり、実際の室温以上に暖かく感じられるかもしれません。

次の記事へ


▼よく読まれている記事
1位 過熱水蒸気の仕組み
2位 工業用ヒーターの種類と選び方、ヒーターにこだわる理由
3位 シーズヒーターの使われている技術
4位 シーズヒーターの熱効率について
5位 水蒸気加熱の方法

シーズヒーターのことなら新熱工業


Copyright SHINNETSU CO.,LTD. All rights reserved.